« 天皇中心の國體を正しく開顕し、天皇を國家の中心に仰いでこそ、日本國の主體性は確立され、外國の侵略を撃退し祖國の独立を維持することができる | トップページ | 日本傳統精神が現代の危機を打開し救済する力となり得る »

2016年4月25日 (月)

千駄木庵日乗四月二十五日

朝は、諸雑務。

 

この後、施設に赴き、母に付き添う。

 

午後一時より、明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロントグローバルホールにて、『東京財団・明治大学国際総合研究所共催 国際シンポジウム2016 ―中国はどのような「大国」か?―』開催。開会の辞(土屋恵一郎 明治大学長)の後、高村正彦自民党副総裁が、「平和安全保障法制―日本とアジア太平洋の平和」と題する基調講演を行った。このあと、パネル・ディスカッションが行われた。パネリストは次の通り。

<第1部 政治・社会分野>王逸舟(北京大学国際関係学院副院長)菱田雅晴(法政大学法学部教授)エフィ・フィトリアニ(インドネシア大学国際関係学部長)エリック・ヘジンボサム(マサチューセッツ工科大学主席研究員)宮本雄二(宮本アジア研究所代表/元中国大使)の各氏。

<第2部 経済分野>

肖耿(香港大学経済・工商管理学院教授、HSBC社外取締役)柯隆(富士通総研主席研究員)津上俊哉(津上工作室代表/元経産省通商政策局北東アジア課長)

エフィ・フィトリアニ(インドネシア大学国際関係学部長)エリック・ヘジンボサム(マサチューセッツ工科大学主席研究員)の各氏。

パネルは(政治・社会):川口順子(東京財団名誉研究員、明治大学研究知財戦略機構特任教授)パネル(経済):林良造(明治大学国際総合研究所長)の各氏。

 

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事。原稿執筆。

 

|

« 天皇中心の國體を正しく開顕し、天皇を國家の中心に仰いでこそ、日本國の主體性は確立され、外國の侵略を撃退し祖國の独立を維持することができる | トップページ | 日本傳統精神が現代の危機を打開し救済する力となり得る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63537346

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月二十五日:

« 天皇中心の國體を正しく開顕し、天皇を國家の中心に仰いでこそ、日本國の主體性は確立され、外國の侵略を撃退し祖國の独立を維持することができる | トップページ | 日本傳統精神が現代の危機を打開し救済する力となり得る »