« 千駄木庵日乗四月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月五日 »

2016年4月 5日 (火)

戦前戦中は暗黒時代ではなかった

曽野綾子さんは、金美齢さんとの対談で、次のように語っている。

 

「七十年近く前の大東亜戦争の話を、『反戦』の目的で語り継がなければならない、などと私は全く思いません。…『反戦』の目的で語られる戦争の体験など、冷静な歴史でない場合がほとんどだから、普遍性は持ち得ません」「私の周囲には工場労働は楽しい体験だった、という人が圧倒的に多いんです。十三歳の私も、毎朝七時から夕方六時までの長い作業時間を熱心に働きました。さすがに栄養が悪かったせいか、結核症と言われる目星ができたり、下駄の鼻緒擦れが膿んで直らなかったり、ひどい脚気の症状が現れたりしましたけれど、私はあの時以来、自分が工場労働者にもなれる、という確信を得たんです。これはありがたいことなんです」「私にとって工場で働いたことは、思い出すのも嫌な体験どころか迷いのない一途な献身を実感した輝くような一時期でした。私はあの時初めて、互角で社会に参加した。自分が国家の役に立っているということを実感したんです。戦争に加担するわるいことをしているという意識はまったくありませんでした」と。(曽野綾子・金美齢両氏の対談集「この世の偽善―人生の基本を忘れた日本人」)

 

「戦前戦中は暗黒時代だった」「軍人が威張り国民に自由は無く、戦争に駆り立てられた時代だった」ということが繰り返し語られ書かれてきた。私には勿論戦争体験はないが、そういう見方・そういう主張の昔から疑問を抱いて来た。「本当に戦前戦中は暗黒時代であったのか」「本当に国民には自由はなかったのか」という疑問を抱いている。

私の高校生時代に『懐メロブーム』が始まった。田端義夫氏のファンになったのをきっかけに、『懐メロ』ファンになり、東京十二チャンネルなどで放送された『懐メロ』番組をよく見た。

ある時、伊藤久男氏に司会者が「戦前戦中は嫌な時代だった。戦後は自由で明るい時代になった」という意味のことを言ったら、伊藤氏は、「いや、私は戦前の方が良かったね。御国のために歌を歌うという使命感があった。今は金のために歌っているんだ」と語った。

またある時、渡辺はま子さんに司会者が「戦時中は慰問に駆り出されて嫌だったでしょう」と問いかけたら、渡辺はま子さんは「慰問が嫌だったなんてことは全くありませんよ。喜び勇んで出て行ったのよ」と語った。

戦前戦中は暗黒時代であったと言うが、戦中戦前にヒットした歌謡曲は決して暗い歌ではない。

『お使いは自転車に乗って』(昭和十八年)、『南から南から』(昭和十八年)、『南の花嫁さん』(昭和十八年)、『勘太郎月夜歌』(昭和十八年)、『新雪』(昭和十七年)、『明日はお立ちか』(昭和十七年)、『パラオ恋いしや』(昭和十六年)、『梅と兵隊』(昭和十六年)、『蘇州夜曲』(昭和十五年)、『暁に祈る』(昭和十五年)、『お島仙太郎旅唄』(昭和十五年)、『なつかしの歌声』(昭和十五年)、『燦めく星座』(昭和十五年)、『誰か故郷を想わざる』(昭和十五年)、『いとしあの星』(昭和十五年)、『長崎のお蝶さん』(昭和十四年)、『港シャンソン』(昭和十四年)。

戦時中のヒット曲には、暗い歌などまったと言っていいほど無い。むしろ明るく楽しい歌が圧倒的に多い。戦前・戦中が暗黒時代であったなどというのは嘘八百でありデマである。

 

ある大先輩がテレビの歌謡曲番組を見ていると、出演していたディック・ミネ氏が「戦争で死んだ人は犬死だ」という意味のことを言ったという。そこでシベリア抑留体験を持っておられたその大先輩は、ディック・ミネ氏に抗議の手紙を書いた。するとデック・ミネ氏が直接電話をしてきて、「今のテレビではああいうことを言わなければならないのだす。申し訳ない」と言ったという。

 

私の母は、愛国団体の街宣車が軍歌を鳴らしながら家の前の道路を通ると、窓を開けて見ることが度々あった。軍歌が好きなのである。

私の母は、大正九年生まれであり、最も戦争で苦労した年代である。しかし、母は、皇室を尊崇している。私がごく幼い頃、外から家に帰って来ると、母が新聞を読みながら泣いていた。夫婦げんかをしても泣いたことがない母が涙をポロポロ流して泣いているので「どうしたの」と聞くと、「貞明皇后がおかくれになった」ということであった。私はそういう母を心から尊敬している。

 

間違った「似非平和主義」に毒され祖国の歴史を呪い続ける偏向放送の害毒はまことに甚大だし罪が深い。それは今日においてますますひどくなっている。

|

« 千駄木庵日乗四月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63441451

この記事へのトラックバック一覧です: 戦前戦中は暗黒時代ではなかった:

« 千駄木庵日乗四月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月五日 »