« 辞世の歌に学ぶ | トップページ | 天皇中心の國體を正しく開顕し、天皇を國家の中心に仰いでこそ、日本國の主體性は確立され、外國の侵略を撃退し祖國の独立を維持することができる »

2016年4月25日 (月)

千駄木庵日乗四月二十四日

朝は、諸雑務。

午前十一時より、上野公園西郷南洲翁銅像前にて、『西郷南洲翁銅像清洗式』執行。祭事、国民儀礼が行われた。続いて、早瀬内海西郷南洲会会長が挨拶。三沢浩一氏及び小生が祝辞を述べた。そして奉納演武などが執り行われた。多くの同志が参集した。

一旦帰宅し、今夜の講演の準備。

午後六時より、、文京シビックセンターにて、『日本の心を学ぶ会』開催。林大悟氏が司会。渡邊昇氏が挨拶。小生が「昭和天皇御製に学ぶ」と題して講演。質疑応答。

帰宅後は、原稿執筆の準備など。

|

« 辞世の歌に学ぶ | トップページ | 天皇中心の國體を正しく開顕し、天皇を國家の中心に仰いでこそ、日本國の主體性は確立され、外國の侵略を撃退し祖國の独立を維持することができる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63533052

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月二十四日:

« 辞世の歌に学ぶ | トップページ | 天皇中心の國體を正しく開顕し、天皇を國家の中心に仰いでこそ、日本國の主體性は確立され、外國の侵略を撃退し祖國の独立を維持することができる »