« 『笹川平和財団 日米交流事業主催 講演会地域の視点、市民の視点から読み解く日米関係の今』における登壇者の発言 | トップページ | 共産支那の侵略・弾圧・殺戮・核実験に対しては口をつぐんで何も言わない日共は侵略国家の手先 »

2016年3月21日 (月)

千駄木庵日乗三月二十一日

午前は、諸雑務。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

午後四時より、神宮前の南国酒家にて、『故名和健一郎 偲ぶ会』開催。全員が献花・黙祷を行った。そして実行委員長の渡邊謙二氏が挨拶。発起人・友人の方々が追悼の言葉を述べた。小生も思い出を語らせていただいた。多くの同志が参集した。

帰宅後は、原稿執筆・資料整理。

帰宅後は、

|

« 『笹川平和財団 日米交流事業主催 講演会地域の視点、市民の視点から読み解く日米関係の今』における登壇者の発言 | トップページ | 共産支那の侵略・弾圧・殺戮・核実験に対しては口をつぐんで何も言わない日共は侵略国家の手先 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63378546

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二十一日:

« 『笹川平和財団 日米交流事業主催 講演会地域の視点、市民の視点から読み解く日米関係の今』における登壇者の発言 | トップページ | 共産支那の侵略・弾圧・殺戮・核実験に対しては口をつぐんで何も言わない日共は侵略国家の手先 »