« 「一君万民」の思想そして「天皇の民」の自覚が差別をなくし國民的和合を実現する | トップページ | 『現行占領憲法』無効論 »

2016年3月11日 (金)

千駄木庵日乗三月十一日

午前は、諸雑務。『伝統と革新』編集の仕事。

午後二時より、永田町の憲政記念館にて、「第五回 三月十一日東日本大震災『祈りの日』式典」開催。村上正邦氏が主催者挨拶。南丘喜八郎氏が実行委員長挨拶。山本峯章氏が報告挨拶。亀井静香氏がスピーチ。そして黙祷が行われた。

帰宅後は、資料の整理、原稿執筆。

|

« 「一君万民」の思想そして「天皇の民」の自覚が差別をなくし國民的和合を実現する | トップページ | 『現行占領憲法』無効論 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63332392

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月十一日:

« 「一君万民」の思想そして「天皇の民」の自覚が差別をなくし國民的和合を実現する | トップページ | 『現行占領憲法』無効論 »