« 靖國神社における戦没者への祭祀は古来よりの日本民族の道義精神の典型 | トップページ | 『文字の力・書のチカラー書の流儀』展を参観して »

2016年2月15日 (月)

千駄木庵日乗二月十四日

午前は、諸雑務。

午後二時半より、四谷のTKPスター会議室にて、『アジア自由民主連帯協議会・民主社会主義学習会』開催。中村信一郎氏(國體政治研究会代表幹事」)が「民主社会主義運動、その思想戦に末端で連なっての五十余年を回顧する」と題して講演。質疑応答。ペマ・ギャルポ氏が挨拶。

中村信一郎先輩とは、三十年来の「道の友」であり、「酒友」であるが、本格的な講演を聞いたのは今日が初めてである。同じ「社会主義」を標榜しても「民主社会主義」と「マルクスレーニン主義」とは全く異質であることを縷々論じられた。大変勉強になった。

帰宅後は、原稿執筆など。

|

« 靖國神社における戦没者への祭祀は古来よりの日本民族の道義精神の典型 | トップページ | 『文字の力・書のチカラー書の流儀』展を参観して »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63212540

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月十四日:

« 靖國神社における戦没者への祭祀は古来よりの日本民族の道義精神の典型 | トップページ | 『文字の力・書のチカラー書の流儀』展を参観して »