« 日本的ナショナリズムについて | トップページ | 明治維新をめざした人々の攘夷の精神 »

2016年2月 2日 (火)

千駄木庵日乗二月一日

 

午前は、諸雑務。

 

昼は、若き友人と懇談。

 

午後は、『伝統と革新』編集の仕事、資料の整理。

 

午後六時半より、赤坂の日本財団ビルにて、『第九八回・東京財団フォーラムトランプは生き残れるのか?米大統領予備選の行方』開催。 アメリカ大統領選挙分析プロジェクトメンバー(順不同※印はモデレーター) 久保文明(東京財団上席研究員・アメリカ大統領選挙分析プロジェクトリーダー/東京大学法学部教授) 飯塚恵子(読売新聞編集局国際部長) 西川賢(津田塾大学学芸学部准教授) 前嶋和弘(上智大学総合グローバル学部教授) 安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長) 渡部恒雄(東京財団上席研究員兼政策研究ディレクターの各氏が討論。質疑応答。

帰宅後は、資料の整理など。

 

|

« 日本的ナショナリズムについて | トップページ | 明治維新をめざした人々の攘夷の精神 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63153656

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月一日:

« 日本的ナショナリズムについて | トップページ | 明治維新をめざした人々の攘夷の精神 »