« 大化改新とは天皇中心の國體を回復する大変革である | トップページ | 維新運動とは、神代への回帰である »

2016年2月 9日 (火)

千駄木庵日乗二月八日

午前は、諸雑務。

午後二時より、渋谷の日本文化チャンネル桜にて、『闘論!倒論!討論!2015日本よ、今・國體論と戦後日本』収録。荒谷卓(明治神宮至誠館館長)、小堀桂一郎(東京大学名誉教授)、澤村修治(評伝作家)、田中英道(東北大学名誉教授)、馬淵睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)の各氏と討論。司会は水島総日本文化チャンネル桜代表。大変勉強にもなり有意義な討論会であった。二月十三日午後八時より放送予定。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆。、

|

« 大化改新とは天皇中心の國體を回復する大変革である | トップページ | 維新運動とは、神代への回帰である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63184617

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月八日:

« 大化改新とは天皇中心の國體を回復する大変革である | トップページ | 維新運動とは、神代への回帰である »