« 千駄木庵日乗一月二十九日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 »

2016年1月29日 (金)

共産支那による「台湾統一」という名の台湾侵略支配を阻止し、台湾独立を支持しなければならない

 

二・二八事件とその後の暴虐なる恐怖政治によって、台湾人から「支那は日本の統治から台湾を『解放』してくれたわが祖國」という感情は雲散霧消し、「我々は支那人ではない」「支那人にはなりたくない」という自覚が強くなった。ナショナリズムは外部からの圧力を排して民族の独立を勝ち取ろうとする國民的規模の精神と行動である。二・二八事件とその後の長期にわたる國民党政権による植民地支配という歴史が、台湾人ナショナリズムを勃興させたのである。

 

二・二八事件以来今日に至る六十九年間に、台湾人の大多数は「台湾は支那とは全く異なった民族であり國家である」という國民的規模の台湾人ナショナリズム・台湾民族精神を強固に確立した。しかもナショナリズムの情念は回顧的なものではなく、現時点から将来・未来へ向けての延長線上に焦点が結ばれる。台湾人のナショナリズムは、今日、将来の台湾独立・建國へ向けて燃え盛っているのである。蔡英文女史の総統選挙勝利を見てそれは明らかである。

 

大陸を支配する共産政権は、今日、「富國強兵政策」という帝國主義政策を露骨に採っている。日本・台湾など周辺諸國を侵略し支配しようという支那政治権力の伝統的な傾向が露骨に復活した。それが台湾及び尖閣諸島そし東支那海・南支那海への軍事的膨張となって表れているのである。

 

共産支那はさらに、わが國の沖縄に対してすら領土権を主張し始めている。近年の支那の膨脹政策によって、日本が自主独立を維持できなくなる危険がある。台湾が共産支那の支配下に入ったら、日本の安全が決定的に脅かされるのである。日本の独立と安全を維持する上からも、共産支那の台湾侵略支配を絶対に阻止しなければならない。そして我が國は、独立台湾と協力して共産支那のアジア侵略支配の野望を粉砕しなければならない。つまり、台湾独立はアジアと日本の安全にとってもきわめて大事なのである。

 

今日の台湾は、いまだに「中華民國」と称している。台湾人による台湾人のための「台湾國」が建國されることこそ、真の台湾独立である。

 

「台湾独立」とは、「台湾は支那ではなく、台湾人は支那人ではない」ということ明確にすることである。台湾は、明代から日本統治時代そして何よりも戦後五十年近くにわたる國民党外来政権の植民地支配下において、大陸とは異なった運命共同体意識・文化・言語・伝統精神を形成し、台湾自主独立精神・台湾民族主義が確立したのである。そして、これから台湾人による台湾人のための台湾人の國家が建國されるのである。     

 

大東亜戦争において台湾の人々は誇りを持って日本軍兵士として戦ってくれた。大東亜戦争に従軍した台湾人軍人は八萬四三三名、軍属と軍夫は十二萬六七五〇名で、合計二〇萬七一八三名であった。そして戦死および病死者は三萬三〇四名となっている。(厚生省援護局資料)

 

昭和十六年、台湾で徴兵制が実施されると、千名の採用者に対して実に六十萬人もの志願者が殺到し、台湾軍司令部に数多くの血書、嘆願書が提出されたという。(黄文雄氏著『大東亜共栄圏の精神』による)

 

「高砂義勇兵」として出征した高雄州潮州郡バクヒョウ青年団長ダリヤンは、「テンノウヘイカバンザイ。私ハ日本ノ男デス。大和ダマシイガアリマス。ドンナニクルシイコトデモ、テンノウヘイカノタメクニノタメナラクルシイトハオモヒマセン。グンプニシテクダサイ」と書いた。(王育徳先生緒『台湾-苦悶するその歴史』)

 

台湾人日本兵の中には戦犯として処刑された方もいる。昭和二十三年六月二十三日、蘭印(現インドネシア)グロドックにて殉難した陸軍軍属・董長雄氏(日本名・玉峰長雄氏)は、次のような辞世と遺書を残した。

 

「たはけ奴の 撃つ十發は 男の子吾が 胸板貫くとも まことは貫けじ」

 

「本職は台湾人である。そして國家の所属が変っても、本職は日本軍人として死んでいき度いのである。若し此の裁判が『正義の爲』と言はずして報復と呼稱せば本職は死刑にされても何をか言はむ。そして刑務所内に於ける彼等が我々に対する虐待は如何、特に平和時に於てである。何が正義! 何が裁判だ!」(『大東亜戦争殉難遺詠集』)

 

このお二人の文は涙なくして読むことはできない。台湾人に対して無上の感謝の誠を捧げずにいられない。我々日本人は、かつての同胞に対する信義の上からも、民族自決の大義の上からも、共産支那による「台湾統一」という名の台湾侵略支配を阻止し、台湾独立を支持しなければならない。

 

|

« 千駄木庵日乗一月二十九日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63139300

この記事へのトラックバック一覧です: 共産支那による「台湾統一」という名の台湾侵略支配を阻止し、台湾独立を支持しなければならない:

« 千駄木庵日乗一月二十九日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 »