« 千駄木庵日乗十二月三日 | トップページ | 強盗国家・独裁国家・侵略国家共産支那こそ、溶けてなくなるべき存在である »

2015年12月 4日 (金)

京都にて詠みし歌

紅葉の名所東福寺の庭は数多くの観光客でにぎわひてゐる

 

とても静かに紅葉を愛でる雰囲気にあらざる庭を彷徨ひて歩く

 

更けてゆく京都の夜は静かなり 空には満月が煌々と照る

 

訪ね来し京都大原三千院 紅葉を愛でる人々の群れ

 

次から次へ人々押し寄せ 庭も樹木も困りゐる如し

 

後鳥羽天皇順徳天皇鎮まります大原の里に悲史を偲べり

 

若き僧侶が一所懸命に説明する茶室に座して窓を見上げる

 

バスに乗り走り行きなば巨大なる東西本願寺の伽藍の見ゆる

 

亀山天皇ご創建の南禅寺 元寇の国難を偲び参り来たりぬ

 

黒衣の宰相金地院崇伝を思ひ出せば その行状に怒りも新た

 

東山ふもとの寺の霊鑑寺 如意輪観世音がまつられてをり

 

古き御寺みなそれぞれに皇室との縁(えにし)持てるは有難きかな

 

東山大文字の見ゆる庭に立ち 京の都に来たる喜び

 

南洲と月照が密議をこらしたる草庵のありし山に来たれり

 

大獄の歴史を刻む薩摩藩ゆかりの寺は今静かなり

 

戊辰戦争薩摩軍の屯営跡 今は静かに紅葉散り敷く

 

|

« 千駄木庵日乗十二月三日 | トップページ | 強盗国家・独裁国家・侵略国家共産支那こそ、溶けてなくなるべき存在である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62802648

この記事へのトラックバック一覧です: 京都にて詠みし歌:

« 千駄木庵日乗十二月三日 | トップページ | 強盗国家・独裁国家・侵略国家共産支那こそ、溶けてなくなるべき存在である »