« 千駄木庵日乗十二月二十八日 | トップページ | 日韓両国政府の国辱的「合意」について »

2015年12月29日 (火)

四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十八年一月号のお知らせ

『政治文化情報』は、昭和五十九年創刊以来、小生の論考、時局問題などに関する主張、活動状況の報告、各方面から得た様々な情報などを掲載し、それなりの評価を得て来たと自負致しております。
多くの心有る皆様方のご購読をお願い申し上げます。
見本誌御希望の方はご遠慮なくメールでお申し込み下さい。

メールアドレス m-shinomiya@max.hi-ho.ne.jp

購読料
年間 12000
半年 6000

平成二十八年一月号(平成二十七年十二月二十五日発行)の内容

 

〈皇都の一隅より〉

本居宣長の國體論

『直毘靈』には肇國以来の日本國體精神が示されてゐる

 

「天孫降臨」「天津日嗣高御座」の意義

 

歴代天皇お一方お一方が、天照大御神の「生みの御子」であらせられる

 

天皇を現御神と仰ぎ絶対の信を寄せることが日本の臣道

 

まごごろをつくし清らかにして明るい心で大君に仕へまつる精神が古来からのわが國の尊皇精神

 

千駄木庵日乗

大原康男國學院大學名誉教授「楠公景仰の心から、靖國神社ら祀られている英靈を顕彰して、悲しくも雄々しい精神を我々も背負って行かねばならない」

 

施展氏(北京外交學院世界政治研究センター主任)「中國には百年間苛められてきたという被害意識がある。それが今後の中日関係にマイナスになっている。これをなくさないと中國は國際社会から尊敬されない」

 

周濂氏(中國人民大學哲學院副教授)「中國は不平等が深刻。怨恨・怨み・妬みが蔓延している。社会的公正・正義は重要。怨恨・嫉妬を、正義を求めるエネルギーにすべし」

 

輝華氏 (中國人民大學経済學院教授、中國人民大學國家発展及戦略研究院研究員)「東アジアの多くの國々では反腐敗と成長の間に良いバランスを見つけないといけない。反腐敗と共に制度の規制改革をしないと経済はおかしくなる」

 

城内實外務副大臣「六十年間の日本の開発援助の特徴は自助努力の促進。日本人は勤勉。旺盛な経済成長を遂げて来た。物や金だけではなく、経験や知識を援助し、自助努力を助けている」

 

半田晴久氏(世界開発協力機構(WSD)総裁)「日本人の日常生活は常に研究し學ぶことを喜びとしてきた。これが発展の基。教育のレベルを整えることが重要」

 

平沢勝栄衆議院議員「警察運営のノウハウ・交番をODAで輸出。『交番』が世界の言葉になっている。交番が地域犯罪を防止する。これが地域の治安維持の原点」

 

舛添要一東京都知事「人づくりが一番大切。日本は何故こんなに豊かに國になったのか。教育が良かったからしっかり仕事ができる人がいる。江戸時代の農業水準・教育水準がきわめて高かった。欧州よりもはるかに識字率が高かった」

 

この頃詠みし歌

|

« 千駄木庵日乗十二月二十八日 | トップページ | 日韓両国政府の国辱的「合意」について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62957986

この記事へのトラックバック一覧です: 四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十八年一月号のお知らせ:

« 千駄木庵日乗十二月二十八日 | トップページ | 日韓両国政府の国辱的「合意」について »