« 今回の「合意」なるものは、「積極的平和主義」ではなく「積極的屈辱外交」であり、「戦後レジームからの脱却」ではなく「戦後レジームへの埋没」である | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十九日 »

2015年12月29日 (火)

安倍総理がかみしめるべき吉田松陰先生の言葉

安倍総理は、郷里の大先輩・吉田松陰先生の次の言葉をよくよくかみしめるべきである。

 

「独立不羈三千年来の大日本、一朝人の羈縛を受くること、血性ある者視るに忍ぶべけんや」。 

|

« 今回の「合意」なるものは、「積極的平和主義」ではなく「積極的屈辱外交」であり、「戦後レジームからの脱却」ではなく「戦後レジームへの埋没」である | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62962539

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理がかみしめるべき吉田松陰先生の言葉:

« 今回の「合意」なるものは、「積極的平和主義」ではなく「積極的屈辱外交」であり、「戦後レジームからの脱却」ではなく「戦後レジームへの埋没」である | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十九日 »