« 國のために身命を捧げた人々の御靈を慰靈し鎮魂するのは、日本國の傳統信仰たる神社神道祭式によるのがあるべき姿である | トップページ | 維新とは、天皇國日本の真姿すなはち肇國以来の國體を回復することによって、現状の悪・穢れを祓ひ清める変革である »

2015年12月18日 (金)

千駄木庵日乗十二月十七日

午前は、諸雑務。

午後は、平河町の平河天満宮に参拝。

この後、平河町の先輩事務所訪問。先輩と懇談。

この後、施設に赴き、母に付き添う。皆さんと歌を歌う。

午後六時より、若き友人と二氏と小忘年会。

帰宅後は、原稿執筆など。

|

« 國のために身命を捧げた人々の御靈を慰靈し鎮魂するのは、日本國の傳統信仰たる神社神道祭式によるのがあるべき姿である | トップページ | 維新とは、天皇國日本の真姿すなはち肇國以来の國體を回復することによって、現状の悪・穢れを祓ひ清める変革である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62889936

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月十七日:

« 國のために身命を捧げた人々の御靈を慰靈し鎮魂するのは、日本國の傳統信仰たる神社神道祭式によるのがあるべき姿である | トップページ | 維新とは、天皇國日本の真姿すなはち肇國以来の國體を回復することによって、現状の悪・穢れを祓ひ清める変革である »