« 四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十七年十二月号のお知らせ | トップページ | 三島由紀夫氏は文字通り文武両道・剣魂歌心の実践者であった »

2015年11月25日 (水)

千駄木庵日乗十一月二十四日

午前は、諸雑務。

昼は、若き友人と懇談。意見交換。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

午後六時半より、高田馬場のホテルサンルートにて、『三島由紀夫・森田必勝両烈士顕彰祭』(斎主・島田康夫氏)執行。祭詞奏上・『英霊の声』拝聴・『檄文』奉読・遺詠奉唱・玉串奉奠などが行われた。この後、木村三浩氏が主催者挨拶。続いて、田母神俊雄氏(第二十九代航空幕僚長)が講演。小生の発声で聖壽万歳を三唱し、終了した。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十七年十二月号のお知らせ | トップページ | 三島由紀夫氏は文字通り文武両道・剣魂歌心の実践者であった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62745026

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月二十四日:

« 四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十七年十二月号のお知らせ | トップページ | 三島由紀夫氏は文字通り文武両道・剣魂歌心の実践者であった »