« 維新とは神の回復であり、信仰共同體日本・祭祀國家日本の回復である | トップページ | 『笹川平和財団 日米交流事業主催 講演会・中東湾岸地域の重要性と日米協力の可能性』におけるケント・E・カルダー博士(ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)、エドウィン・O・ライシャワー東アジア研究所所長)の講演内容 »

2015年11月23日 (月)

千駄木庵日乗十一月二十二日

午前は、諸雑務。

午後からは、在宅して、『伝統と革新』編集の仕事。資料の整理。原稿執筆など。

|

« 維新とは神の回復であり、信仰共同體日本・祭祀國家日本の回復である | トップページ | 『笹川平和財団 日米交流事業主催 講演会・中東湾岸地域の重要性と日米協力の可能性』におけるケント・E・カルダー博士(ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)、エドウィン・O・ライシャワー東アジア研究所所長)の講演内容 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62731906

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月二十二日:

« 維新とは神の回復であり、信仰共同體日本・祭祀國家日本の回復である | トップページ | 『笹川平和財団 日米交流事業主催 講演会・中東湾岸地域の重要性と日米協力の可能性』におけるケント・E・カルダー博士(ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)、エドウィン・O・ライシャワー東アジア研究所所長)の講演内容 »