«  明治維新の思想的基盤としての国学 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月四日 »

2015年11月 4日 (水)

仲代達矢の文化勲章を剥奪せよ

ある同志の方から次のようなメールが送られてきましたので紹介します。

               〇

仲代達矢が、 文化勲章の親授式に欠席した理由が、自分の劇団興行を出席よりも優先させたからだとテレビが伝えた。つまり文化勲章という国事行為も天皇陛下をもコケにした傲慢極まりない態度は、赦されざる一大事と言うべき大罪である。朝鮮人の出自である大江健三郎が怨念に満ちて反日的に育ったのとは異質のケースのように見えて、天皇の御稜威を蔑ろにしている点で同根そのものだ。寧ろ、自分が天皇の上位に在るかの如き振る舞いを全国民に見せた悪影響の罪、軽からず、だ。木を見て森を見ざる、否、森が見えざる奴バラに文化勲章は、そもそも似つかわしくは無い。即刻、剥奪すべきである。仲代達矢よ、驕る勿れ!

|

«  明治維新の思想的基盤としての国学 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62611042

この記事へのトラックバック一覧です: 仲代達矢の文化勲章を剥奪せよ:

«  明治維新の思想的基盤としての国学 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月四日 »