« 「きこしめす」「しろしめす」が、天皇の國家統治の基本 | トップページ | 高山彦九郎・蒲生君平の、天朝の神聖なる威厳の回復を祈り奉る「尊皇の志」 »

2015年10月13日 (火)

千駄木庵日乗十月十二日

午前は、諸雑務。

午後一時半より、赤坂の乃木神社にて、『皇學祭と記念講演』開催。皇學祭・国民儀礼が行われた後、宮脇淳子氏(東洋史家・学術博士)が「日中韓の真実の歴史を知って、日本の未来を開かう!」と題して講演。質疑応答。

この後、施設に赴き、母に付き添う。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

|

« 「きこしめす」「しろしめす」が、天皇の國家統治の基本 | トップページ | 高山彦九郎・蒲生君平の、天朝の神聖なる威厳の回復を祈り奉る「尊皇の志」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62464155

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月十二日:

« 「きこしめす」「しろしめす」が、天皇の國家統治の基本 | トップページ | 高山彦九郎・蒲生君平の、天朝の神聖なる威厳の回復を祈り奉る「尊皇の志」 »