« 『国歌君が代』の信仰的意義 | トップページ | 『萬葉集』について »

2015年10月19日 (月)

千駄木庵日乗十月十八日

朝は、諸雑務。

午前集十時より、谷中の上聖寺にて、『憂国烈士之碑追善供養の儀』執行。本堂においてご住職による読経と共に、焼香が行われた。そして、墓苑にある憂国烈士之碑拝礼。

この後、施設に赴き、母に付き添う。母と共に歌を歌う。

午後は、湯島天満宮に参拝。宝物殿参観。近衛信尹・金地院崇傳・橋本雅邦が描いた「渡唐天神像」、谷文晁が描いた「綱敷天神像」、安田靭彦が描いた「恩賜の御衣」などの絵画、そして出目長吉作「天神面」、「富くじ金箱」などを参観。

帰宅後は、資料の整理など。

|

« 『国歌君が代』の信仰的意義 | トップページ | 『萬葉集』について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62504691

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月十八日:

« 『国歌君が代』の信仰的意義 | トップページ | 『萬葉集』について »