« 千駄木庵日乗九月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十日 »

2015年9月 9日 (水)

この頃詠みし歌

漲れる力振ひてわが道をただひたすらに生き行かんかな

 

理屈をこねる歌は止しませう自然なる心をこそ歌にしませう

 

このままに逢ふこともなくお互ひにあの世へ行くか遠き日の女(ひと)

 

牛乳配達の音聞こえ来る早暁に我一人部屋で歌詠みてゐる

 

老夫婦が老夫婦の営む店に来て楽しげに語らひ酒酌みてゐる

 

晴れれば暑し曇れば鬱陶しいと人間といふは勝手なことを言ふ

 

元総理といふのにろくな奴はゐないと思ひたくなるこの頃のニュース

 

軍事力を誇示して覇権をとらぬと言ふこの大嘘つきの習近平よ

 

わが国を射程に入れるミサイルを行進させて平和を言ふ馬鹿

 

北闕の天を望まんと仰せられし後醍醐天皇の御心を偲ぶ(『蔵王権現と修験の秘法』展参観)

 

後醍醐帝が祈りをこめし蔵王権現憤怒の形相のすさまじさかな()

 

悪を祓ひ罪を滅する大いなる力発する蔵王権現()

 

雨の中たどり着きたる酒房にて秋刀魚の刺身を食したりけり

 

何となく昔のことを思ひ出す後悔もあり懐かしさもあり

 

傘さして街歩み行くジャストウォーキングインザレインなどと口ずさみつつ

 

雨の日が続くこの頃母と眺めるビルの彼方の雲満つる空

 

やさしき言葉母にかけたる介護士に礼して施設を出でて来しなり

 

いつも笑顔で我に真向かふわが母は時にさみしき表情をする

 

家に帰ると言ひたまふ母を後にしてエレベーターで降る苦しさ

 

さみしげに座りゐる母を後にして家路につくは苦しかりけり

 

 

 

 

 

|

« 千駄木庵日乗九月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62250984

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗九月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十日 »