« 千駄木庵日乗九月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十二日 »

2015年9月22日 (火)

『世界の若い議員と語り合うグローバル・オピニオン・サミット』における登壇者の発言

五月三十日に開催された『世界の若い議員と語り合うグローバル・オピニオン・サミット』における登壇者の発言は次の通り。

 

城内実外務副大臣(基調講演)「開発協力は安倍内閣の外交政策にとって重要。去年は、ODA六十周年。先人たちは、国際貢献は正しいとして始めた。日本はかつて最大の援助国。残念ながら今は第五位である。開発援助の国際環境は変化している。六十年間の日本の開発援助の特徴は自助努力の促進。日本人は勤勉。旺盛な経済成長を遂げて来た。物や金だけではなく、経験や知識を援助し、自助努力を助けている。ケニヤでの開発援助は教育の促進に貢献。格差を縮めて経済安定を目指す。世界中でインフラ援助を進めていく。アジア開発銀行とも協力。日本は災害が多い。同時に色々な教訓を学んだ。より強い地域として再生する。人間一人一人に眼を向けなければならない。教育レベルの向上を図る。安倍総理は女性の輝く社会を推進している。日本はG7議長国を来年引き継ぐ。教育環境問題克服のために協力していきたい。若い世代の多くが内向きになっているのが残念。出生率が下がり老齢者が増えている。アベノミックスの効果は上がっている」。

 

スリン・ピッスワン前ASEAN事務総長「人間の行動は歴史の側面を持ち、将来への目もある。開発経済協力をどうやったらいいか話し合って来た。一九五四年は、日本はまだ途上国だった。沢山の人が貧しかった。その時、人として色々なことが分かち合われて来た。日本は何時も是正しつつ世界で動いて来た。ルワンダで多くの人々が殺された。人道的介入ということが言われた。余計なお世話という気持ちになることもあるが、ヒューマンセキュリティの面で入って行った。援助が必要な難民が増えている。迫害から逃れてきた人々である。人が中心でなくてはいけない。人々が互いに助け合って生きなければならない」。

 

半田晴久氏(司会兼モデレーター・世界開発協力機構(WSD)総裁)「ODAは病気の手当てをしている。病気にならない国づくりは若者の力によって実現する。それが若者たちが担っている使命。アフリカの発展に最も大切なのは教育。日本近代の発展は江戸時代の教育が基礎となった。国力を強め、明治三十八年に日露戦争に勝利した、日本人の日常生活は常に研究し学ぶことを喜びとしてきた。これに発展の基。教育のレベルを整えることが重要」。

 

セイバー・チョードリーIPU(列国議会同盟)議長「すべてが人のためである」。

 

平沢勝栄衆議院議員(元外務委員長)「ODAはこれからも増やしていきたい。その国の将来の発展のためにやりたい。その国の国民が望んでいることをやる。内戦が起こっているところへは派遣しない。停戦した所へは国連の要請があれば派遣し支援する。井戸を掘るのに百五十万円出したら現地の人々はどれだけ助かるか分からない。警察の鑑識技術・交通取締り技術を外国に供与する。警察運営のノウハウ・交番をODAで輸出。『交番』が世界の言葉になっている。交番が地域犯罪を防止する。これが地域の治安維持の原点。メキシコ・アメリカの一部・シンガポールに輸出した。シンガポールの犯罪が低下した」。

 

原口一博民主党副代表「人間の安全保障のために様々な国に教育をはじめとする支援をしていく。民族・宗教・国家の立場を超えて心の平和を確立していく」。

 

イアン・ケネディ氏(元駐日ニュージーランド大使)「活力を吹き込むのが民間。人と人との接触があればあるほど良い。みんな平和と繁栄が好き。日本の教育体制は強い。人と人とのコンタクトが大事」。

 

マニー・フン氏(カンボジア国会議員)「ODAは様々なタイプがある。アジアとラテンアメリカとでは違った形になる。日本の皆様の支援なくしてカンボジアはここまで歩いてくることは出来なかった。将来は若い人にかかっている。若い国会議員の役割は重い。民主主義と平和は一緒に語られねばならない」。

 

グレイフォード・モンド氏(ザンビア国会議員)「ODAの戦略的プログラムが必要。若い人の十%して農業を選ばない。農業にはエネルギーのある人が従事すべし」。

 

舛添要一東京都知事「人づくりが一番大切。日本は何故こんなに豊かに国になったのか。教育が良かったからしっかり仕事ができる人がいる。江戸時代の農業水準・教育水準がきわめて高かった。欧州よりもはるかに識字率が高かった。都市と都市との助け合いも大切。東京都はソウル・北京・パリ・ニューヨーク・ベルリン・カイロ・ローマと姉妹都市。これまでの都知事は姉妹都市を訪問していない。都市と都市との交流のドアを開けて、安倍総理と習近平主席との会談の扉を開く役割が出来た。韓国に道路陥没防止技術の供与を行った。中国には空気をきれいにする技術を供与。色々な技術も知恵も東京都にはある」。

 

|

« 千駄木庵日乗九月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62327349

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の若い議員と語り合うグローバル・オピニオン・サミット』における登壇者の発言:

« 千駄木庵日乗九月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十二日 »