« 天皇は民族の独自性・求心力の核であったが、同時に開放性・変革性の中心でもあった | トップページ | 『笹川平和財団主催・パネルディスカッションー原子力は持続可能か』における登壇者の発言 »

2015年8月 1日 (土)

千駄木庵日乗八月一日

午前十時より、母が入居している老人ホームの「施設運営懇談会」開催。本社役員挨拶の後、施設長より、運営状況について説明。各担当職員より報告。そして質疑応答が行われた。

最大の問題は職員数の不足である。募集してもなかなか人材が集まらないとのことであった。小生は、一日おきに施設に行って一時間ほど母と過ごしているが、介護士、看護師は相当に忙しく働いている。人の命を預かっていると言ってい良い大変な仕事である。募集をかけても応募してくる人は少ないという。

帰宅後は、原稿執筆、資料の整理など。

|

« 天皇は民族の独自性・求心力の核であったが、同時に開放性・変革性の中心でもあった | トップページ | 『笹川平和財団主催・パネルディスカッションー原子力は持続可能か』における登壇者の発言 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62000750

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月一日:

« 天皇は民族の独自性・求心力の核であったが、同時に開放性・変革性の中心でもあった | トップページ | 『笹川平和財団主催・パネルディスカッションー原子力は持続可能か』における登壇者の発言 »