« 日光東照宮について | トップページ | 千駄木庵日乗八月七日 »

2015年8月 7日 (金)

武藤貴也議員の主張は全く正しい

武藤貴也議員の主張は全く正しい。武藤氏の主張を圧殺せんとする勢力こそ、「言論の自由」を蹂躙している。

 

『現行憲法の三原理』とは「国民主権論、似非平和主義、基本的人権の尊重」である。これは根本的に否定しなければならない。それ無くして日本の真の再生はない。

 

西洋成文憲法というのは、専制支配者であったイギリスのジョン国王とそれに対立する貴族との間で結ばれた契約である『マグナカルタ』が起源である。また國民主権論は、専制国王ブルボン王朝を打倒したフランス革命から発した思想である。

 

日本天皇の御本質そして日本国の本質とは全く異なる西洋から発した思想を基本原理としているのが『現行憲法』なのである。「国民主権・主権在民論」は、祭祀主日本天皇を君主と仰ぐ君民一体のわが國體を隠蔽し破壊する規定である。

 

「似非平和主義」は、戦勝国に対する詫び証文であり、この原理がある限り外国からの侵略から祖国を守ることは出来ず、自衛隊違憲の状態が続き、日本国が法治国家たり得ない。

 

「基本的人権の尊重」と共に基本的人徳の涵養そして国家・家庭の尊重規定がなければ、家庭崩壊・教育荒廃・凶悪犯罪の続発を是正する事は出来ない。日本の伝統的国体観・君主観と相容れない原理で成り立っている『現行憲法』が続く限り現代の混迷を打開できない。

 

『現行憲法』の履き違えた平和論・誤れる人権思想が道徳の頽廃・人権侵害・人命軽視の元凶である。『現行占領憲法』の三原理の否定が大切である。武藤貴也議員を支持し応援しなければならない。

|

« 日光東照宮について | トップページ | 千駄木庵日乗八月七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/62034474

この記事へのトラックバック一覧です: 武藤貴也議員の主張は全く正しい:

« 日光東照宮について | トップページ | 千駄木庵日乗八月七日 »