« 千駄木庵日乗七月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十六日 »

2015年7月16日 (木)

『安保法制』に反対している勢力が社民・共産・民主党左派という亡国政治勢力そして偏向メディアであるという事実は、この「安保法制』が正しいものであることを証明する

『安保関連法制』への理解が進んでいないのに採決したと大騒ぎだが、自民党政権の中枢にいて安保政策に携わった栁澤協二が反対論をぶち上げ、民主党政権で防衛大臣をつとめた森本敏氏が賛成している。まさに専門家中の専門家の意見が分かれている。こういう状況下で、一般国民が『安保法制』についてまともにそして詳細に理解することはできないのは当たり前だ。しかも、「朝日新聞」などの偏向マスコミは国民の不安を煽る一方的な報道しかしない。

 

小難しい理屈はともかく、『安保関連法制』に反対している勢力が社民・共産・民主党左派という亡国政治勢力そして偏向メディアであるという事実は、この「安保法制」が正しいものであることを証明する。何故なら、これまで社民・共産・民主党左派(この中に旧社会党勢力のふくまれる)という亡国政治勢力そして偏向メディアが主張し実行して来たことは全て国家に害悪になることばかりだったからである。彼等は戦後一貫して「平和」を唱えながら、わが國が共産支那・旧ソ連の属国になる策謀を行ってきたのだ。この事こそ我々国民は正しく理解しなければならない。

 

支那、ロシア、北朝鮮は軍事力によって自国の野望を成し遂げようとしている。日本は今日、国防上、安保上の危機を迎えていることは厳然たる事実である。「似非憲法」で手足を縛られている日本、核武装も出来ない日本は、自分で自分の国を守ることができない。従ってアメリカと同盟関係を強化する以外に道はない。「安保関連法制」は日本の独立と自由と繁栄を維持するために必要である。

 

ともかく、社民・共産・民主党左派という亡国政治勢力・偏向メディアそしてそれに踊らされている人々は自覚するとしないとの関わらず、外敵の手先である。このことを正しく理解し認識すれば、『安保関連法制』に反対することは日本の平和・独立・自由・繁栄を根底から破壊する行為である。今『護憲』を叫ぶ連中は、まさに憲法を護って国を滅ぼそうとしているのだ。

 

|

« 千駄木庵日乗七月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61893384

この記事へのトラックバック一覧です: 『安保法制』に反対している勢力が社民・共産・民主党左派という亡国政治勢力そして偏向メディアであるという事実は、この「安保法制』が正しいものであることを証明する:

« 千駄木庵日乗七月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十六日 »