« 明治維新における「七生報国」の精神 | トップページ |  明治維新の思想的基盤としての国学 »

2015年7月14日 (火)

千駄木庵日乗七月十三日

午前は、諸雑務。

 

午後は、資料整理。

 

午後三時半より、赤坂の日本財団ビルにて、笹川平和財団主催パネルディスカッション「AIIB設立協定に見る日本の取るべき道」開催。伊藤 隆敏氏(コロンビア大学教授 (兼)政策研究大学院大学教授)、河合 正弘氏(東京大学公共政策大学院特任教授)、ユン・スン氏(米スティムソンセンター シニアアソシエイト)、フィリップ・リプシー氏(スタンフォード大学 アシスタント・プロフェッサー)が講演。モデレーターは滝田洋一氏(日本経済新聞編集委員)がつとめた。

 

帰宅後は、呉竹会機関紙『青年運動』連載原稿執筆。

|

« 明治維新における「七生報国」の精神 | トップページ |  明治維新の思想的基盤としての国学 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61884519

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月十三日:

« 明治維新における「七生報国」の精神 | トップページ |  明治維新の思想的基盤としての国学 »