«  「名を惜しむ心」と「清明心」が日本人の倫理の基本  | トップページ | 日本武尊と太刀・剣の神聖性 »

2015年7月27日 (月)

千駄木庵日乗七月二十六日

午前は、諸雑務。

午後は、資料の整理。

午後六時より、春日の文京シビックセンターにて、『第五十三回 日本の心を学ぶ会』開催。林大悟氏が司会国民儀礼の後、。渡邊昇氏が主催者挨拶。小生が「戦後はまだ終わらないのかー大東亜戦争侵略論の払拭と現代の変革」と堕して講演。活発な質疑応答が行われた。

帰宅後は、書状執筆など。

|

«  「名を惜しむ心」と「清明心」が日本人の倫理の基本  | トップページ | 日本武尊と太刀・剣の神聖性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61964230

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月二十六日:

«  「名を惜しむ心」と「清明心」が日本人の倫理の基本  | トップページ | 日本武尊と太刀・剣の神聖性 »