« 千駄木庵日乗六月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十九日 »

2015年6月19日 (金)

対米自立とは核武装と同義語である

「憲法」に自衛権を明記するのは当然のことである。自分の國は自分で守るというのはまさに国家・国民の権利であり義務である。よその国に守ってもらうというのは本来間違っている。「現行占領憲法」を守る限り日本は自分の国を自分で守ることはできない。まさに「憲法護って國滅ぶ」である。「憲法護って國滅ぶ」と言った人は、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案について声高に「憲法違反である」と言っている憲法学者である。国家の存亡にかかわる緊急の問題に関しては、「現行占領憲法」の亡国条項は一切無視すべきである。そうしなければ本当に「憲法護って國滅ぶ」という事態になる。

 

「対米自立」というのは基本的に正しい。「対米自立」とは、防衛・安保の面では、アメリカの核の傘に入っている状況を正すということだ。共産支那のわが国への侵略策謀そしてアジアにおける軍事的覇権確立が益々活発化してきている今日、日本の安全と独立をアメリカの助けを借りないで守るためには、日本は核武装しなければならない。わが国が中華帝国主義・アメリカ覇権主義と対峙するには、軍事面では、核武装が不可欠である。

 

いつまでもアメリカの従属国のままでいいはずがないし、国際情勢はそれを許さなくなっている。その上、共産支那による軍事的脅威が高まっている。「天は自ら助くる者を助く」という言葉がある。祖国日本の回復、日本の道統の回復、日本国家・日本民族の総合的力量の回復が断行されねばならない。軍事面で、わが国の核武装なくしてそれは実現しない。

 

支那の覇権拡大を防ぎアジアの平和を守るためにも、そして対米自立を実現するためにも、日本は核武装すべきと思う。そのためには日本国民の意識変革が必要である。対米自立とは核武装と同義語である。

 

集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案について声高に「憲法違反である」と言っている連中はその覚悟があるのか。その覚悟なくしてそんなことを言っている連中は自覚しているとしていないとにかかわらず敵性国家の手先である。

|

« 千駄木庵日乗六月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61762362

この記事へのトラックバック一覧です: 対米自立とは核武装と同義語である:

« 千駄木庵日乗六月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十九日 »