« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »

2015年5月13日 (水)

「日出づる國」への誇り・祖國へ愛を歌った山上憶良の歌

 山上臣憶良(やまのうへのおみおくら)、大唐(もろこし)に在りし時、本郷(もとつくに)を憶(おも)ひて作れる歌

 

いざ子ども はやく日本(やまと)へ 大伴(おほとも)の 御津(みつ)の濱松 待ち戀ひぬらむ

 

 山上憶良が、支那にゐた時、祖國を恋ひ慕って作った歌。山上憶良は、斉明六年(六六〇)~天平五(七三三)年。萬葉集代表歌人の一人。大宝元年(七〇一)に三十五年ぶりに遣唐使が復活し、憶良は遣唐少録に任命された。翌大宝二年、四十二歳の時に渡唐。慶雲四年(七〇七)帰國。晩年の歌が多い。

 

【大唐】支那のこと。【本郷】祖國日本のこと。【いざ】人を誘ひ自らも行動を起こそうとする時に発する言葉。【子ども】年下あるいは目下の親しい人々に対する呼び掛けの言葉。【日本】日本全体を指す。【大伴の御津】大阪市南部から堺市にかけての一帯(摂南といふ)の難波の津(港)のこと。この辺りは大伴氏及びその配下の久米氏が領有してゐた地であったから「大伴の」といふ。ここから遣唐使の船や九州などに行く船が出発した。大唐にある憶良にとって、この港は祖國の門戸であった。

 

遣唐使が支那へ行くルートは、①今日の大阪から瀬戸内海を通って行き、壱岐・対馬に寄りながら朝鮮半島の西側を通って、山東半島に上陸するルート、②能登半島から出発して沿海州に上陸するルート、③長崎や鹿児島などから出発して支那の楊州や越州に上陸するルートがあったといふ。

 

「濱松待ち戀ひぬらむ」は、松が擬人化されてゐる。懐かしい祖國日本の海岸の松の風景を目に浮かべて歌ってゐる。また、「御津の濱松」は下の「待ち戀ひぬらむ」を出すための序詞といふ説もある。                           

 

 通釈は、「さあ、皆の者よ、早く日本へ帰ろう、大伴の御津の濱松も、さぞ待ちわびてゐるであらうから」といふ意。                             

 

 「日本」という漢字に「やまと」といふ傍訓を付したところにこの歌の重要性がある。「日本」とは「日の昇る國」といふ意味である。

 

 聖徳太子は、推古天皇十五年(六〇七)、小野妹子を遣隋使として支那に遣はされ、「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙なきや」といふ「國書」を隋の煬帝に呈した。日本國の誇りを高らかに宣揚し、アジアの大帝國・隋に対して、対等どころか大いなる自尊心をもって相対された。その御精神が山上憶良に引き継がれてゐるのである。

 

 聖徳太子は外来宗教たる仏教を深く信仰せられた方であるが、素晴らしい日本人としての御自覚をお持ちになられてゐた。憶良もまた、唐において色々なことを学びこれから帰國しようといふ時に、「早く日本へ」と歌ひあげたのである。

 

 「早く日本へ」といふ言葉に、「日没する國」にゐる憶良の「日出づる國」への恋慕の思ひがにこめられてゐる。憶良は、唐との対比において日本を自覚し、祖國への愛・日本人としての誇りを歌ったのである。それは、わが国は、太陽の昇る国であり、太陽神たる天照大神を祖神として仰ぎ、天照大神の生みの子たる天皇を君主として戴く国であるといふ大いなる自覚である。

 

この歌は望郷の歌であると共に、ナショナリズム謳歌の歌である。今日のわが國政治家などの支那に対する卑屈な態度と比較すると、やはり民族勃興期・國家建設期の日本は素晴らしい人がゐたと言ふべきである。

                  

 また、憶良には、自分たちが早く日本へ帰りたいといふ思ひと共に、自分たちが学んだ学問を早く祖国へ持ち帰って祖国の役に立てたいといふ思ひもあったと思はれる。

 

 

|

« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61580917

この記事へのトラックバック一覧です: 「日出づる國」への誇り・祖國へ愛を歌った山上憶良の歌:

« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »