« 「やまと歌」の本質について | トップページ | 日韓関係について考える »

2015年5月30日 (土)

千駄木庵日乗五月三十日

午前は、諸雑務。

 

午後一時より、有明の東京ビッグサイト国際会議場にて、『世界の若い議員と語り合うグローバル・オピニオン・サミット』開催。半田晴久氏(世界開発協力機構(WSD)総裁)が司会兼モデレーター。セイバー・チョードリーIPU(列国議会同盟)議長、マーティン・チェンゴン列国議会同盟事務総長、スリン・ピッスワン前ASEAN事務総長(基調講演)、城内 実外務副大臣(基調講演)、カオ・キム・ホルン氏(カンボジア首相特命大臣)、原口一博民主党 副代表、平沢勝栄氏(元外務委員長)、松木謙公(維新の党 幹事長代行)、ブレンダン・スキャネル氏(元駐日アイルランド大使)、ラルフ・コッサ氏(パシフィックフォーラムCSIS理事長)、伊藤憲一日本国際フォーラム理事長、舛添 要一東京都知事などがスピーチ。質疑応答、討論が行われた。後日報告します。

 

帰宅後は、明日行われる『日本の心を学ぶ会』における講演の準備、原稿執筆。

|

« 「やまと歌」の本質について | トップページ | 日韓関係について考える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61670535

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月三十日:

« 「やまと歌」の本質について | トップページ | 日韓関係について考える »