« 三島由紀夫氏の武士道と散華の美 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十六日 »

2015年5月16日 (土)

オピニオン雑誌『傳統と革新』第十九号 

たちばな出版発行(四宮正貴責任編集)           

特集 戦後はまだ終わらないのか?...
―戦後七十年と國家革新―

巻頭言 「戦後」は何故終はらないのか                四宮正貴 

 
インタビュー

日本國は萬邦無比の邦―  戦後七十年から出発する保守政治の進路とは    村上正邦  

國際社會で信頼を得る道―國家自身の明確な意思を示すこと   中山恭子  

自分の國の歴史を正しく知って世界を理解し、他國と対等に生きることができる    猪瀬直樹  

戦後七十年―主体的な戦略と覚悟をもって「戦勝國史観」からの脱却を目指そう    長島昭久 

論文 

佐藤優の視点 ―戦後七十年と國家革新― 沖縄との國家統合の問題をめぐって 佐藤 優  

中韓が発する「戦後七十年問題」の本質                西村眞悟  

歴史へのノブレス・オブリージュ                      井川一久  

拉致問題と戦後体制 政府が拉致問題の終熄を企図した      荒木和博  

政治家よ「終戦ノ詔書」を熟読せよ―安倍談話への期待     久保田信之 

「國體論」からふり返る戦後七十年                    山本峯章 

「日本主義~反ダーウィニズム」で世界の混乱に対峙する      今村洋史  

戦後日本と台湾の関係                           王明理   

昭和天皇の學ばれた帝王教育 御誕生から學習院初等科修了まで(後篇)                                                                                                所 功 

  
〈リベラル提言〉戦後七十年、日本が抱える問題について、日本が進むべき道                                                                                  松木謙公

  
皇統維持に不作為は許されない                    松崎哲久

  
日本人拘束殺害事件にみるさまざまな現象 ~國家の威信と危機管理                                                                                              木村三浩 

 
連載『やまと心の歌』                          千駄木庵主人

石垣島便り13  日本を揺るがす? 南の島の住民事情      中尾秀一

  
第十八回 我が体験的維新運動史 右翼は皇室の尊厳を守る防人                                                                                                   犬塚博英

    
編集後記  

   
ISBN978―4―8133―2499―7 C0030 Y1000E
 定価 本體価格1000円+税。 168頁

〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル
 たちばな出版  ☎代表03―5941―2341 FAX5941―2348

 
四宮 正貴さんの写真

|

« 三島由紀夫氏の武士道と散華の美 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61598963

この記事へのトラックバック一覧です: オピニオン雑誌『傳統と革新』第十九号 :

« 三島由紀夫氏の武士道と散華の美 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十六日 »