« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 天皇を現御神と仰ぎ絶対の信を寄せることが日本の臣道 »

2015年5月26日 (火)

千駄木庵日乗五月二十五日

午前は、諸雑務。

昼は、知人と懇談。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

午後六時より、赤坂の乃木会館にて、『楠公祭』執行。祭詞奏上・祈願詞奏上・『櫻井の訣別』斉唱・玉串奉奠などが行われた。祭主の犬塚博英氏が挨拶。続いて、大原康男国学院大学名誉教授が「靖國祭祀の原型としての楠公祭」と題して講演。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 天皇を現御神と仰ぎ絶対の信を寄せることが日本の臣道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61646025

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月二十五日:

« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 天皇を現御神と仰ぎ絶対の信を寄せることが日本の臣道 »