« 米英支蘇こそアジアへの侵略者であり、その手先だったのである | トップページ | 日本國の<立國の精神>について »

2015年4月27日 (月)

千駄木庵日乗四月二十六日

朝は、諸雑務。

午前十一時より、上野公園西郷隆盛立像前にて、『西郷南洲銅像清洗式』執行。始澤澄江五條天神社宮司が祭主となり、祭事執行。祝詞奏上・玉串奉奠などが行われた。この後、早瀬内海西郷南洲会会長が挨拶。三沢浩一氏そして小生が祝辞を述べた。多くの同志が参列した。

150426_115801
西郷南洲像

午後二時より、赤坂の乃木神社尚武館にて、『第五十九回主権回復記念国民大会』開催。湯澤貞元靖国神社宮司が挨拶。三潴修学院総会が行われた。この後、高乗正臣平成国際大学名誉教授が「三潴憲法学の神髄」と題して講演。質疑応答。

150426_1343020001
乃木神社

午後六時より、春日の文京シビックセンターにて、『日本の心を学ぶ会』開催。林大悟氏が司会。瀬戸弘幸氏及び小生が講演。参加者による活発な討論か行われた。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 米英支蘇こそアジアへの侵略者であり、その手先だったのである | トップページ | 日本國の<立國の精神>について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61499605

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月二十六日:

« 米英支蘇こそアジアへの侵略者であり、その手先だったのである | トップページ | 日本國の<立國の精神>について »