« 水戸學の基本精神が記された『弘道館記』 | トップページ | 明治維新の基本原理『尊皇攘夷』について »

2015年4月17日 (金)

千駄木庵日乗四月十六日

午前は、諸雑務。

 

午後は、原稿執筆の準備。

 

午後四時より、西荻にて、季刊誌『傳統と革新』編集会議。次号の特集などについて討議。

 

午後六時より、西荻にて、『土屋健氏を偲ぶ会』開催。司会の小山哲雄氏が挨拶。小生の音頭で献杯の後、全員が追悼の言葉を述べ、思い出を語り合った。そして最後に未亡人及びご子息が挨拶され、終了した。土屋健氏は、たちばな出版の編集担当者をつとめられ、昨年の春、逝去された。『伝統と革新』創刊当初より、色々ご苦労をいただいた方である。一周忌を迎え、本日『偲ぶ会』が開催された。雑誌の編集は素人の私を助けて頂いた方である。心よりご冥福をお祈りします。

 

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 水戸學の基本精神が記された『弘道館記』 | トップページ | 明治維新の基本原理『尊皇攘夷』について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61450342

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月十六日:

« 水戸學の基本精神が記された『弘道館記』 | トップページ | 明治維新の基本原理『尊皇攘夷』について »