« ロシアという侵略国家が、いざと言うときには、核兵器を使う国であることが明白になった | トップページ | 『アジア太平洋交流学会』における王明理台湾獨立建國聯盟日本本部委員長の講演内容 »

2015年3月18日 (水)

千駄木庵日乗三月十八日

朝は、諸雑務。

午前十一時より、ラフォーレミュージアム六本木にて、『深見東州バースデイ個展・大英博物館街宣個展』開幕式開催。八代英太氏が司会。次の方々が祝辞を述べた。

亀井静香氏「神様でも無理をしては駄目。深見先生はジャンルを超えた方。レオナルド・ダ・ヴィンチの再生ではないかとさえ思う。シャガールの域を超えている。深い感性に基づいて大勢の人々を素晴らしい境地に導いている。日本の文化伝統をしっかり踏まえている。神道は排他的ではない」。

小沢一郎氏「私は絵画書道の才能が全くないのでよく分からない。しかし深見先生の作品には何となく感動させるものがある。何の分野でも才能を発揮している。健康に気をつけてあらゆる活躍をして多くのファンを感動させて下さい」。

鳩山邦夫氏「深見先生はレオナルド・ダ・ヴィンチの再来。自らを律してこういう境地になっておられる。久留米の石橋美術館にある青木繁の作品が東京のブリヂストン美術館に来てしまう。久留米には深見氏の作品を置きたい。先生の宗教の力で宇宙人を人間に戻して下さい」。

鈴木宗男氏「深見先生、若くなる秘訣を教えて下さい。オンリーワンの深見先生であってほしい」。

海江田万里氏「深見氏は天才を超える鬼才」。

平沢勝栄氏「私が書くのは恥だけ。選挙に立つなら書道とダンスは勉強しておいた方が良いと言われた」。

 

そして、深見東州氏が次のように挨拶した。「奇人とは才能のある人。変人とは個性のある人。怪人とは人間と仙人の間にある人。鬼才と言われたのは初めて。大英博物館に展示された私の水墨画と書の作品は、黒と白の色彩で、陰と陽を表現。書は線の質、形のバランス、気と余韻が大切」。

 

この後、テープカットが行われた。

150318_1200010001
テープカット風景

午後二時半より、芝の駐健保会館にて、『大行社幹部会』開催。顧問の一人として小生がスピーチ。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« ロシアという侵略国家が、いざと言うときには、核兵器を使う国であることが明白になった | トップページ | 『アジア太平洋交流学会』における王明理台湾獨立建國聯盟日本本部委員長の講演内容 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61302669

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月十八日:

« ロシアという侵略国家が、いざと言うときには、核兵器を使う国であることが明白になった | トップページ | 『アジア太平洋交流学会』における王明理台湾獨立建國聯盟日本本部委員長の講演内容 »