« 千駄木庵日乗三月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月六日 »

2015年3月 6日 (金)

日本國體について

 「國體とは戦前の天皇主権の国家体制を表す言葉で、治安維持法のキーワードだった」という主張は全く誤りである。「帝国憲法」の何処にも「天皇に主権がある」などとは書かれていない。そもそも、「国家の意思を最終的に決定する権力」という意味での「主権」なる概念と言葉は、天皇中心の神の国である日本には全くそぐわないのである。 

 

 戦前も戦後もさらに言えば古代以来今日に至るまで、「日本は天皇君主の仰ぐ国」であることは明白であり、建国以来、日本の國體は本質的には変わっていない。

 

 『終戦の御詔勅』に「茲に國體を護持し得て」と示されているように、わが国は大東亜戦争の敗れた後も、天皇中心の國體は護持された。また「現行憲法」にもきわめて不十分・不完全ではあるが國體を護持する規定が書かれている。

 

 戦前の國體論の代表的なものは、文部省思想局で編まれ、昭和十二年三月三十日に文部省から発行された『國體の本義』であろう。編纂委員は、山田孝雄・久松潜一・佐久知荘一・山本勝市・井上孚麿の各氏ら当時の国文学・国史学・憲法学などの権威であり、学問的価値のある文献である。

 

 その冒頭に「大日本帝国は、万世一系の天皇皇祖の神勅を奉じて永遠にこれを統治し給ふ。これ、我が万古不易の國體である」とある。これは記紀・萬葉以来のわが國體の道統を端的に表現している。そしてそれは今日においても全く変わっていないのである。

|

« 千駄木庵日乗三月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61236138

この記事へのトラックバック一覧です: 日本國體について:

« 千駄木庵日乗三月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月六日 »