« 「七生報國の精神」について | トップページ | 台湾人元日本兵の文章及び遺詠を拝読して »

2015年3月16日 (月)

千駄木庵日乗三月十五日

午前は、諸雑務。

午後一時より、一番町のPHP研究所東京本部にて、『松下政経塾憲法フォーラム・未来の日本を考える―憲法を国民に手へ―』開催。佐野尚見松下政経塾塾長が挨拶。「松下政経塾性の考える憲法―憲法改正草案」発表。この後、「憲法改正草案の論点に関して」と題してパネルディスカッションが行われた。渡辺利夫拓殖大学総長・平沢勝栄自民党衆院議員・小林節慶應義塾大学名誉教授・前川清成民主党参院議員が討論。質疑応答。なかなか興味深い討論であった。後日報告します。

この後、施設に赴き、母に付き添う。

帰途、動坂下にて、友人と懇談。

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事、資料の整理。

|

« 「七生報國の精神」について | トップページ | 台湾人元日本兵の文章及び遺詠を拝読して »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61288080

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月十五日:

« 「七生報國の精神」について | トップページ | 台湾人元日本兵の文章及び遺詠を拝読して »