« 第四十八回 日本の心を学ぶ会 | トップページ | 大和魂は外来文化を包容してきた重層的な日本文化の中核である »

2015年2月10日 (火)

千駄木庵日乗二月九日

午前は、諸雑務。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

午後五時より、赤坂の日本財団ビルにて、『笹川平和財団 笹川中東イスラム基金主催講演会・中東政治変動の展望 「アラブの春」の終焉とその後』開催。ロリー・ミラー氏(ジョージタウン大学ドーハ校国際関係学科長)・サイモン・ワルドマン氏(キングスカレッジ講師)・長澤榮治氏(東京大学東洋文化研究所教授)・渡邊啓貴氏(東京外国語大学大学院総合国際研究院教授)が講演。質疑応答。

この後、赤坂にて、最近入院生活を送っておられた友人ご夫妻と懇談。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

|

« 第四十八回 日本の心を学ぶ会 | トップページ | 大和魂は外来文化を包容してきた重層的な日本文化の中核である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61112152

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月九日:

« 第四十八回 日本の心を学ぶ会 | トップページ | 大和魂は外来文化を包容してきた重層的な日本文化の中核である »