« 日本の神々の特質について | トップページ | 千駄木庵日乗二月十三日 »

2015年2月14日 (土)

「国体政治研究会 第六十八回例会」のお知らせ

 

====================

国体政治研究会 第六十八回例会

 ~連続企画「大御心と臣民の道」第四回~

====================

 謹啓 余寒厳しき折から御清勝にお過しのことと存じます。

 さて、国体政治研究会の第六十八回例会の開催日が近附いてきました。まだ空席がありますので、以下の通り再案内を致します。既に出缺の御返事を下さつてゐる方々へも確認を兼ねてお送りします。

 「大御心と臣民の道」と題する連続企画としては第四回目となるこのたびの例会に講師としてお迎へするのは荒岩宏奨氏です。

 荒岩氏は、民族派保守派の運動の重要な拠点の一つたる出版社展転社の編集長を務める傍ら、それ以前から保田與重郎の研究者、思想継承者として知られ、今日も諸々の言論活動や国民運動に献身してをられる敬神尊皇の志士です。

 なほ、これまで三回の講師と演題は次の通りです。

 第一回 茂木貞純氏 三島由紀夫と昭和二十一年元旦詔書

 第二回 玉川博己氏 三島由紀夫と国体論

 第三回 佐藤健二氏 思想家としての山鹿素行―『中朝事実』の今日的意義―

 今例会で「大御心と臣民の道」に関する問題意識や考究が更に深まることが期待されます。

是非お繰合せ御出席下されたくお待ちしてをります。敬具

 

○ ○ ○

 

【講師】

 荒岩宏奨氏(あらいは ひろまさ)(株式会社展転社編集長、新嘗を祝ふ集ひ実行委員長)

 略歴=昭和五十六年生れ。広島大学教育学部卒業。プログラマー、雑誌編集者を経て現在株式会社展転社編集長。新嘗を祝ふ集ひ実行委員長。特定非営利活動日本人権擁護協会月刊 「JINKEN」編集長。

【演題】

 神々が定め給ひし国体と臣民の道-天孫降臨時の神勅と役割-

【日時】

 2月16日(月曜)午後6時半~9時

【会場】

 文京シビックセンター 4B会議室(4階の会議室B)

 東京都文京区春日一丁目16の21、電話03-5803-1100

 直近の文京区民センターとお間違へなきやうに

【参加費】

 千円(当日申受けます)

【参加要件】

 事前申込なき出席は不可。

 参加申込は開催日前日までに。定員になり次第締切。

 初参加の場合は必ず電話番号及び職業・肩書等を附記してお申し込みを。

【連絡先】

 中村信一郎(代表幹事)

 携帯電話 090-4815-8217

 E-mail nakasin@pop11.odn.ne.jp 又は caq97080@pop11.odn.ne.jp 

 

|

« 日本の神々の特質について | トップページ | 千駄木庵日乗二月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/61132366

この記事へのトラックバック一覧です: 「国体政治研究会 第六十八回例会」のお知らせ:

« 日本の神々の特質について | トップページ | 千駄木庵日乗二月十三日 »