« 天之御中主神について | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »

2015年1月17日 (土)

『傳統と革新』第十八号 のお知らせ

オピニオン雑誌『傳統と革新』第十八号 
たちばな出版発行(四宮正貴責任編集)           二月上旬発行

特集 「昭和」は遠くなったのか?―昭和天皇の御聖徳と現代日本

...

巻頭言 昭和天皇仰慕                  四宮正貴 

◇インタビュー◇

昭和天皇の御世を共に生きてこられた幸せ
  ~激動の昭和を経て平成の今、この國を憂う~                                                                                                  清水信次   

昭和の全時代を生きて、今思うこと
  ~憲法、國防、皇室の弥栄~                                                                                                       小田村四郎  

「昭和天皇實録」の公開で期待される 昭和史研究の進展ー昭和天皇とその時代を再考するー                                                                                                                伊藤 隆   
   

【論文】
「佐藤優の視点」 昭和の『危機の思想』について考えるー
吉満義彦の近代の超克論をめぐって                                                                                                        佐藤優   

立憲君主國としての立場を、憲法で明記すべきとき                                                                                                      田久保忠衛 

 

昭和天皇の学ばれた帝王教育―御誕生から学習院初等学科修了まで (前篇)                                                                                                                                       所 功

昭和天皇とその時代を見つめて明治に復古して、日本を取り戻す時が来た  

                                        西村眞悟                                                                                                           

 

終戦の詔に込められた大御心を想う             牧義夫   

「『昭和の日』制定の意義」 ―その國体的視点       相澤宏明  

昭和天皇と宮中祭祀―『昭和天皇實録』を拝して       中澤伸弘  

昭和天皇の「みことのり」を拝して             杉本延博  

我、亡國の歴史観を廃す                  蓮坊公爾  

日本人に帰属性を感じさせない、戦後空間の根本問題     木村三浩  

「連載」第一七回 我が体験的維新運動史―「噂の真相・皇室ポルノ事件」                                                                                           犬塚英博  

連載 石垣島便りー台湾で、「高砂義勇隊」慰霊顕彰祭に参加―
日本の礎になられた御霊に感謝の念を捧げる        中尾秀一  

『やまと歌の心』                  千駄木庵主人                   

編集後記   
ISBN978―4―8133―2499―7 C0030 Y1000E
 定価 本體価格1000円+税。 168頁
〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル
 たちばな出版  ☎代表03―5941―2341 FAX5941―2348

 
オピニオン雑誌『傳統と革新』第十八号 
たちばな出版発行(四宮正貴責任編集)           二月上旬発行

特集 「昭和」は遠くなったのか?―昭和天皇の御聖徳と現代日本

巻頭言 昭和天皇仰慕                  四宮正貴 

◇インタビュー◇

昭和天皇の御世を共に生きてこられた幸せ
  ~激動の昭和を経て平成の今、この國を憂う~                                                                                                   清水信次   

昭和の全時代を生きて、今思うこと
  ~憲法、國防、皇室の弥栄~                                                                                                        小田村四郎  

「昭和天皇實録」の公開で期待される 昭和史研究の進展                                                                                               伊藤 隆   
   昭和天皇とその時代を再考する

【論文】
「佐藤優の視点」 昭和の『危機の思想』について考えるー
吉満義彦の近代の超克論をめぐって                                                                                                         佐藤優   

立憲君主國としての立場を、憲法で明記すべきとき                                                                                                       田久保忠衛 

昭和天皇の学ばれた帝王教育―御誕生から学習院初等学科修了まで (前篇)                                                                                                  所 功

昭和天皇とその時代を見つめて明治に復古して、日本を取り戻す時が来た                                                                                                  西村眞悟 
終戦の詔に込められた大御心を想う             牧義夫   

「『昭和の日』制定の意義」 ―その國体的視点       相澤宏明  

昭和天皇と宮中祭祀―『昭和天皇實録』を拝して       中澤伸弘  

昭和天皇の「みことのり」を拝して             杉本延博  

我、亡國の歴史観を廃す                  蓮坊公爾  

日本人に帰属性を感じさせない、戦後空間の根本問題     木村三浩  

「連載」第一七回 我が体験的維新運動史―「噂の真相・皇室ポルノ事件」                                                                                           犬塚英博  

連載 石垣島便りー台湾で、「高砂義勇隊」慰霊顕彰祭に参加―
日本の礎になられた御霊に感謝の念を捧げる        中尾秀一  

『やまと歌の心』                  千駄木庵主人                   

編集後記   
ISBN978―4―8133―2499―7 C0030 Y1000E
 定価 本體価格1000円+税。 168頁
〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル
 たちばな出版  ☎代表03―5941―2341 FAX5941―2348

|

« 天之御中主神について | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60988452

この記事へのトラックバック一覧です: 『傳統と革新』第十八号 のお知らせ:

« 天之御中主神について | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »