« レイシズムについて | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »

2014年12月15日 (月)

今日思ったこと

私は選挙中、「私がもっとも危惧するのは、自公政権の勝利によって、自民党の真正保守の政治家たちがますます埋没し、封じ込められ、やりたいことができなくなり、言いたいことを言えなくなるのではないかという事だ。どうしても、「次世代の党」に頑張って貰わねばならない。また、亡国メディアは、過去の些細な事を持ち出して、真正保守政治家攻撃をこれからますます強めるであろう。朝日新聞・NHK・テレビ朝日などの亡国メディア、反日マスコミを徹底的に批判しなければならない」と書いた。

 

まさにそういう事態になるのではないか。國體転覆を図り、北朝鮮・共産支那の同根の政党・日本共産党が大幅に議席を増やした。また「自民党のブレーキ役」になる即ち「足を引っ張る」と公言する公明党も議席を増やした。そして、真正保守の立場の「次世代の党」が壊滅状況となった。西村・三宅・中山の三氏が国会から去るというのはどうにも悔しい。

 

こうなると、テレ朝・朝日新聞と言う亡国メディア・共産党への批判を一層強めねばならない。

 

安倍さん自身は、改憲への意欲を見せたらしいが、公明党と連立を組んだままでは改憲は無理であろう。たとえ改憲したところで、ろくな改憲にはならない。憲法は変えればいい。新しい憲法を作れば良いというわけではない。國體条項・国防条項を本当に正しいものにしなければならない。

 

國體を護持し、さらに日本の本来の姿を回復することによって現状を変革する。真正保守の政治家そして政党が強力にならねばならない。

|

« レイシズムについて | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60812619

この記事へのトラックバック一覧です: 今日思ったこと:

« レイシズムについて | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »