« 『今即神代』の信仰 | トップページ | 日本人の「よみがへり」の信仰 »

2014年12月14日 (日)

千駄木庵日乗十二月十三日

午前は、諸雑務。

午後一時半より、信濃町ビジネスセンターにて、『アジア太平洋交流学会』開催。久保田信之氏が挨拶。王明台湾獨立建國聯盟日本本部委員長が「台湾統一地方選挙の結果と今後の日台関係」と題して講演。活発な質疑応答が行われた。王明理さんは、台湾獨立運動の指導者、故王育徳先生の令嬢である。小生は、王育徳先生には、生前色々とご指導をいただいた。王育徳先生の兄上は「二・二八事件」で国民党政権によって逆殺された。王育徳先生は、日本に亡命され、日本で台湾独立運動に挺身された。台湾が民主化される前に逝去されたので、ついに台湾に帰国することができなかった。心からご冥福を祈る。

午後五時より、新橋の新橋亭にて、『呉竹会忘年会』開催。広瀬義道氏が司会。頭山興助氏が挨拶。藤井厳喜・木村三浩の両氏など、そして小生がスピーチ。盛宴に移った。

帰宅後は、書状執筆、明日行われる「日本の心を学ぶ会」における講演の準備など。

|

« 『今即神代』の信仰 | トップページ | 日本人の「よみがへり」の信仰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60806103

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月十三日:

« 『今即神代』の信仰 | トップページ | 日本人の「よみがへり」の信仰 »