« 「現行憲法三原理」の否定なくして「憲法改正」にも「自主憲法制定」にもならない | トップページ | 日本國體は『現行占領憲法』の國家観とは基本的に相容れない »

2014年11月10日 (月)

千駄木庵日乗十一月九日

午前は、諸雑務。

午後十二時半より、多数の同志の方々と靖国神社に昇殿参拝。午後一時半より、靖国会館にて、『故 小島石根氏を偲ぶ会』開催。國分正男氏・山口申氏・加瀬英明氏・大原康男氏が追悼の辞を述べた。阿形充規氏の発声で献杯が行われた。

帰途、同志諸氏と懸案事項について相談・打ち合わせ。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆など。

|

« 「現行憲法三原理」の否定なくして「憲法改正」にも「自主憲法制定」にもならない | トップページ | 日本國體は『現行占領憲法』の國家観とは基本的に相容れない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60627018

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月九日:

« 「現行憲法三原理」の否定なくして「憲法改正」にも「自主憲法制定」にもならない | トップページ | 日本國體は『現行占領憲法』の國家観とは基本的に相容れない »