« 日本國體は『現行占領憲法』の國家観とは基本的に相容れない | トップページ | 正統なる憲法を回復した時、はじめて『立憲主義』が正しく確立する »

2014年11月11日 (火)

千駄木庵日乗十一月十日

午前は、諸雑務。

午後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

この後、施設に赴き、母に付き添う。元気なり、有り難し。

帰途、谷中の酒房にて、地元の友人と懇談。

帰宅後も、原稿執筆。

|

« 日本國體は『現行占領憲法』の國家観とは基本的に相容れない | トップページ | 正統なる憲法を回復した時、はじめて『立憲主義』が正しく確立する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60632113

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月十日:

« 日本國體は『現行占領憲法』の國家観とは基本的に相容れない | トップページ | 正統なる憲法を回復した時、はじめて『立憲主義』が正しく確立する »