« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十五日 »

2014年11月15日 (土)

『進撃の阪神巨人演歌コンサート』を鑑賞

今日鑑賞した『進撃の阪神巨人演歌コンサート』の第一部は、深見東州氏が、「北の宿から」「哀しみ本線日本海」「天城越え」「カスバの女」「ベッドで煙草を吸わないで」「高校三年生」「黒い花びら」「伊勢佐木町ブルース」「函館の女」「星降る街角」など懐かしい歌を披露した。

 

深見氏は能楽師であると共にオペラ歌手でもあるので、朗々とした歌声であった。「哀しみ本線日本海」「天城越え」がとても心に響いた。「黒い花びら」は大ヒットした極であるがあまり歌われることがない。今日は久しぶりに聞いた。「高校三年生」は私が高校三年生の時にヒットしたので大変印象深い歌である。また、ジャズ調で歌った「カスバの女」も良かった。「カスバの女」は、私の好きな曲で。「ここは地の果てアルジェリア どうせカスバの夜に咲く 酒場の女の薄情け」という歌詞が印象的である。エト邦枝という女性歌手が懐メロ番組で歌っていたのを懐かしく思い出した。また、京王線か小田急線沿線のある駅のそばで「エト邦枝歌謡教室」という看板が出ていたのを思い出した。深見氏が熱唱した「星降る街角」も良かった。

 

第二部は、小林旭氏が、「自動車ショー歌」で登場し、「アキラのズンドコ節」「昔の名前で出ています」「熱き心に」などを歌った。やはり「熱き心に」が一番胸を打った。正直に言って、私は小林旭のことを昔は全く好きではなかった。しかし、年を重ねられた小林旭氏は、重厚な感じになっていて、好感を持つようになっている。それは宝田明、津川雅彦両氏と同じである。最近は俳優と言うよりも歌手として大活躍しているが、息の長い芸能人である。

 

私は歌が好きで、昔はカラオケスナックに毎日のように通った。歌った歌は殆どが演歌であり懐メロであった。渡辺はま子先生、田端義夫氏、そしてコロムビアトップ氏ご存命中は、よく歌謡曲の舞台を見に行った。渡辺先生、トップ師匠と親しくさせて頂いたので、関係者のような顔をして、楽屋や舞台の袖で、歌謡ショーを鑑賞した。お二方が他界された後は、全く見に行くことはなくなっていた。今日は本当に久しぶりに歌謡曲のリサイタルを観賞した。

|

« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60654096

この記事へのトラックバック一覧です: 『進撃の阪神巨人演歌コンサート』を鑑賞:

« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十五日 »