« 千駄木庵日乗十一月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十二日 »

2014年11月12日 (水)

この頃詠みし歌

むらぎもの心晴れ晴れと仰ぐなる大日輪のとことはの光

 

はるばると見晴るかすなる山々は 日の本の國の神々の山

 

一人暮らし慣れに慣れたる朝にしてテレビを見つつトースト食す

 

部屋の中を掃除してゐるわが耳に聞こえ来るなるボレロといふ曲

 

秋空の澄みてすがしきこの朝(あした)大きく息を吸ひ込みにけり

 

時の流れの早きを思ひ為すべきこと為し行くが良しと自らに誓ふ

 

一日をせはしなく過ごせし夜なれば静かに坐して唱歌聞きをり

 

暴虐の支那を駆逐し大アジア平和の海を取り戻すべし

 

博物館の大樹が色づき東京に冬が来たるをしみじみと知る

 

群なして飛べる鳥たちを仰ぎ見てヒッチコックの映画を思へり

 

丹波なる友から贈られし松茸を大事に大事に焼きて食せり

 

ともかくもこのひと時を大事にせむ九十四歳の母との語らひ

 

太りたる猫がゆっくりと歩みゐる秋の日差しの柔らかな路地

秋の日の光やさしく街を照らすこの朝にして心やすらぐ

 

秋の日の上野の山の黄葉を楽しみにつつ歩む夕暮

|

« 千駄木庵日乗十一月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60637275

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗十一月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十二日 »