« 「国民主権論」を第一原理とする『占領憲法』は國體破壊の元凶である | トップページ | 強靱にして自由な日本民族の傳統的な文化感覚を発揮して、危機的状況を打開していかなければならない »

2014年10月 7日 (火)

千駄木庵日乗十月六日

午前は、諸雑務。

午後は、「政治文化情報」原稿執筆。

この後、施設に赴き、母と共に過ごす。

午後六時半より、初台の新国立劇場にて、『秋に燃ゆる国民のコンサート』鑑賞。冒頭の深見東州氏による「国歌君が代」独唱、そして、最後の出演者全員による「故郷」合唱がとても良かった。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 「国民主権論」を第一原理とする『占領憲法』は國體破壊の元凶である | トップページ | 強靱にして自由な日本民族の傳統的な文化感覚を発揮して、危機的状況を打開していかなければならない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60435419

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月六日:

« 「国民主権論」を第一原理とする『占領憲法』は國體破壊の元凶である | トップページ | 強靱にして自由な日本民族の傳統的な文化感覚を発揮して、危機的状況を打開していかなければならない »