« 千駄木庵日乗十月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十九日 »

2014年10月28日 (火)

日本は「支那文化」に対して劣等感を抱く必要はさらさらない

司馬遼太郎氏は「いま台北にいる。…歩道に段差が多く、あやうく転びそうになった。歩道は公道なのだが、どの商店も、自分の店の前だけは適当に高くしている。高さに高低がある。『〝私〟がのさばっていますな』と、冗談をいった。中國文明は偉大だが、古来、〝私〟の文化でありつづけてきた。皇帝も〝私〟であれば大官も〝私〟だったし、庶民もむろんそうだった。〝私〟を壮大な倫理体系にしたのが、儒教であった。孝を最高の倫理とするのはみごとだが、孝は身の安全と家族の平穏ということのみの願望になりやすい。近代中國の父といわれる孫文は、このことをなげいた。色紙をたのまれると、『天下為公』(天下をもって公となす)と書いた。また、その著『三民主義』の冒頭にも、〝中國人は砂だ、にぎってもかたまらない〟といった。〝公〟という粘土質に欠けていることをなげいたのである。」(「風塵抄ー台湾で考えたこと(1)公と私」全集六六)と論じてゐる。

 

支那の権力者は國家さへ私物化した。だから「天下爲公」といふ「標語」を掲げざるを得なかったのである。それは國民党だけではない。今日の「中國共産党」も同じである。「中共」は権力掌握後、毛沢東は支那といふ國を私物化し多くの同志・國民を虐殺した。

 

『古事記』の「序文」には、天武天皇の御即位を称へて「清原の大宮にして、昇りて天位に即(つ)きたまひ、道は軒后に軼(す)ぎたまひ、徳(うつくしび)は周王に跨(こ)えたへり」(飛鳥の清原の大宮において、天皇の御位におつきになり、その道徳は黄帝以上であり、周の文王よりもまさっていました、といふ意)と記されてゐる。日本民族は、天武天皇の御代に支那古代の帝王よりも日本天皇が「道義」においてすぐれてゐるとの自覚を持ってゐたのである。

 

日本人は「無私」を尊ぶ。「公」の体現者であられる天皇に自己を無にして仕へることが日本の道義精神の根本である。「無私」の心をもっとも体現しておられるお方が、祭り主・日本天皇であらせられる。なぜなら「まつり」とは、神に対して私を無くしてまつろひたてまつる行事であるからである。

 

支那などの外國と比較して、日本くらい政治家・官僚の権力の私物化・権力を利用した私益の追求を嫌ふ國はないのではなからうか。「明き淨き直き誠の心」こそ、わが國の道義心の根本である。天皇は現御神として天の神の御心を地上で實現されるお方であり「道義精神の鏡」であらせられる。

 

支那及び支那人を蔑視すべきではないであらう。しかし、支那および支那文化に対してみっともない劣等感を抱く必要はさらさらないのである。わが國は、支那や朝鮮から多くの文化・文物を輸入した。しかし、その属國となることはなかった。今後の日本もさうであらねばならない。

|

« 千駄木庵日乗十月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60559928

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は「支那文化」に対して劣等感を抱く必要はさらさらない:

« 千駄木庵日乗十月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十九日 »