« 日本國體の本質について | トップページ | 『現行占領憲法」に正統性はない »

2014年10月18日 (土)

千駄木庵日乗十月十七日

朝は、諸雑務。

午前十一時半より、谷中のたんぴょう亭にて、『呉竹会』幹事会開催。広瀬義道氏が司会。頭山興助会長・藤井厳喜氏が挨拶。阿形充規氏が挨拶。小生が「大アジア主義と脱亜論」と題して講義。

この後全員で、谷中霊園の来島恒喜氏の御墓所に拝礼。

141017_140901_3

来島恒喜氏墓所

この後、施設に赴き、母と過ごす。

午後五時半より、西新宿の東京都庁第一本庁舎「グリーンハウス」にて、「森洋氏儀お別れ会』開催。呼掛け人代表の山口申氏などが挨拶。ご冥福を祈る。久しぶりにお会いする同志も多く参列した。

帰宅後は、『政治文化情報』発送準備。

|

« 日本國體の本質について | トップページ | 『現行占領憲法」に正統性はない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60497315

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月十七日:

« 日本國體の本質について | トップページ | 『現行占領憲法」に正統性はない »