« 真庭・庄原・安芸高田への旅の歌 | トップページ | ロシア科学アカデミー中東紛争分析センター長のアレキサンダー・シュミリン氏の講演内容。 »

2014年10月27日 (月)

千駄木庵日乗十且二十六日

午前は、諸雑務。

午後二時より、谷中の上聖寺にて、『憂国烈士之碑追善供養の儀』執行。三沢浩一代表発起人が挨拶。僧侶の導師により読経・焼香。物故者慰霊が行われた。この後境内の『憂国烈士之碑』拝礼。

いったん帰宅。

午後六時より、春日の文京区民センターにて、『日本の心を学会』開催。渡邊昇代表が挨拶。遠藤健太郎氏が「行政を侵食する占領憲法」と題して講演。そして小生が「立憲主義と現行占領憲法」と題して講演。続いて活発な質疑応答が行われた。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 真庭・庄原・安芸高田への旅の歌 | トップページ | ロシア科学アカデミー中東紛争分析センター長のアレキサンダー・シュミリン氏の講演内容。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60549900

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十且二十六日:

« 真庭・庄原・安芸高田への旅の歌 | トップページ | ロシア科学アカデミー中東紛争分析センター長のアレキサンダー・シュミリン氏の講演内容。 »