« 「オピニオン雑誌『傳統と革新』第十七号」のお知らせ | トップページ | 今日のアジアにおける最大最悪の軍国主義国家は共産支那である »

2014年10月11日 (土)

千駄木庵日乗十月十一日

午前は、諸雑務。

午後二時より、初台の新国立劇場にて行われた『明るすぎる劇団・東州』(戸渡阿見氏総合プロデュース)公演鑑賞。

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事、原稿執筆など。

|

« 「オピニオン雑誌『傳統と革新』第十七号」のお知らせ | トップページ | 今日のアジアにおける最大最悪の軍国主義国家は共産支那である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60462553

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月十一日:

« 「オピニオン雑誌『傳統と革新』第十七号」のお知らせ | トップページ | 今日のアジアにおける最大最悪の軍国主義国家は共産支那である »