« 「中國」は「禮」を全く忘却し喪失した國となり日本國に「禮」は生きてゐる | トップページ | 日本は「支那文化」に対して劣等感を抱く必要はさらさらない »

2014年10月28日 (火)

千駄木庵日乗十月二十八日

午前は、諸雑務。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

午後六時より、湯島にて、同志お二方と懇談。運動の現状と展望について語り合う。

帰宅後は、明日のインタビューの準備など。

|

« 「中國」は「禮」を全く忘却し喪失した國となり日本國に「禮」は生きてゐる | トップページ | 日本は「支那文化」に対して劣等感を抱く必要はさらさらない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/60559887

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十八日:

« 「中國」は「禮」を全く忘却し喪失した國となり日本國に「禮」は生きてゐる | トップページ | 日本は「支那文化」に対して劣等感を抱く必要はさらさらない »